村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年06月30日

意識して呼吸してみよう

ダイエットと呼吸…果たして何が関係あるのでしょうか



呼吸と痩せることを結びつけて考えることはあまり想像できないことですよね。



しかし意外とあなどれないようです。



人間が生きていくには酸素が必要ですよね。



そして脂肪が燃える代謝を上げることにも酸素は必要不可欠なのです。



人間の呼吸の回数は1分平均18回といわれています。



1日に換算すると、実に26,000回にもなります。



本当にほんの少しのちょっとしたことではありますが、生きている限りはし続ける呼吸ですからこれを意識して変えるだけで、ダイエット効果の他にも、美肌効果や健康面でのいい効果が期待できるのですよ。



何かが燃える時は酸素が必要になります。



脂肪も同じように、燃えるには酸素が必要です。



ウォーキングなどの有酸素運動が脂肪燃焼に効果的なのはそのような理由もあります。つまり、ダイエットのために脂肪を燃やしたいなら酸素をしっかり身体へ取り込むことが大事になります。



普通に生活している時の自分の呼吸を思い出してみてください。



浅い呼吸になってはいませんか?



呼吸はできるだけしっかり、深くすることが大切です。



時々立ち上がって大きく深呼吸するのもいいでしょう。



取り入れられた酸素は、筋肉などの組織に入り込んだ脂肪酸も燃やしてくれます。



それから呼吸はなるべく鼻ですることが良いでしょう。



空気が鼻を通過することによって、雑菌やホコリが除去されて体温で温められ湿気が多くなります。



温かく、湿気の多い酸素の方が肺は取り入れやすいといわれています。



また、口で呼吸をしているともともとは閉じているべき口の筋肉が、常にゆるんだ状態になっていることになりますよね。



これは顔全体のたるみにもつながりますし、逆に口をしっかり閉じて鼻で呼吸することに慣れれば、無意識のうちに顔を引き締めていることになりますよ。



また空気中の雑菌なども口で呼吸しているとそのまま入ってきてしまうことになります。



普段から鼻呼吸を心がけてみましょう。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




肥満になる恐れあり 寝る10分前にやってはいけないNG行動


ダイエットについて 食事制限と腹筋腕立てをし、30分ランニングを毎日やってれば痩...


シックスパッドとワンダーコアの比較・口コミ他|emsベルト効果の調査!


posted by 脂肪君 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

ながら食い

映画を見る時、売店でポップコーンやコーラを買ったりしていませんか?



家でまったりテレビを見ている時、お菓子をつまんだりしていませんか?



読書をする時、長電話をする時、パソコンに向かう時、ジュースを飲んだり、お菓子を食べたりしていませんか?



何かをしながら食べる「ながら食い」は、ダイエットにとっては天敵なのですよ。



そもそも食事というのは、エネルギーを補充するためにとるものですが、エネルギーが足りているかどうか、満腹感があるかどうかを判断するのはお腹ではなく、脳なのです。



もちろん、お腹の膨らみ具合も脳の判断基準のひとつではありますが、脳はそれ以外にも目で見たもの、鼻で匂いをかいだもの、舌や歯で味わったものから、満腹感や食事による快楽を得ます。



せっかく食べてもテレビや映画を見ながら、何かをしながらの食事だと、お腹は膨らんでも目や鼻、舌、歯から入ってくる情報が少ない分、脳が感じる満腹感が半減してしまうことになります。



同じ量を食べても脳が満足してくれず、またすぐにお腹がすいてしまうというダイエット的には最悪な結果になってしまいます。



逆に言えば、食事の時は食事だけをするようにして、しっかりと時間をかけて味わうようにすれば、脳が感じる満腹感がアップして、間食したいという欲求も沸きにくくなることになります。



もちろん、いくら食事に集中するといっても、会話をしてはいけないということではありません。



みんなで楽しく食事をするのは大切なことですよね。



食事に集中するというよりは、「食事をちゃんと楽しむ」ようにするということですね。



逆にあなたがテレビを見ている時、どうせなら「ながら食い」ではなく、「ながら運動」をしてみてはいかがでしょうか。



ダンベル運動をやってみたり、踏み台昇降をやってみたり、座った状態で太ももと太ももの間にクッションを挟んで落とさないようにしてみたり。



たとえばCMの間だけとか時間を決めて、お腹やお尻にグッと力を入れてみるのもいいでしょう。



ながら食いの習慣が、ながら運動の習慣に生まれ変われば、ダイエット的に良いことはありません。



無駄な摂取カロリーが抑えられて、意味のある消費カロリーが増えて、筋肉も増やすことができるわけですから。



ついつい間食しちゃう人。



ぜひ、このながら運動で、ダイエット成功への大きな一歩を踏み出してみてくださいね。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




実践成功者が伝授!肉食ダイエットの極意がわかる!!


断食ダイエットについてです。私は、明日から断食ダイエットをしようとしています...


飲み物だけダイエット方法|短期間で激やせ!プチ断食で痩せよう ...


ラベル:ながら食い
posted by 脂肪君 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。