村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年05月11日

お風呂に入る時

ダイエットにとって、毎日お風呂に入ることはとっても大切ですね。



一人暮らしをしている人や、シャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、毎日ちゃんとお風呂に浸かること、ダイエット効果を得ることができるのです。



お風呂のダイエット効果や、入浴方法を知っておくといいかもしれませんね。



しかしながら、一口にお風呂でダイエット効果といっても、お風呂に入れば脂肪が燃えるということではありません。



実際に入浴で消費されるカロリーはそれほど高くはないのです。



個人差はありますが、30分の入浴でだいたい90kcalぐらいのものです。



お風呂に入った後、体重を量ると少し減っていることがありますが、それは汗で水分が出ていった分が減っているだけで、水分を補給すればすぐにもとに戻ってしまいます。



ですから脂肪が燃えて体重が減ったわけではないのです。



では一体お風呂のダイエット効果って何なのでしょうか。



お風呂の効果はそういう直接的なものではなく、間接的に効いてくるものなのです。



まず、お風呂で汗をかくことは、体内に溜まっていた余分な水分や老廃物を排出することになるので、むくみの解消につながりますよね。



むくみの解消は、見た目をすっきりさせる上でとても効果があります。



さらに、身体が芯から温まって汗をかくことで、身体全体の代謝が良くなります。



毎日お風呂に入る習慣をつければ、自然と基礎代謝量が増えることになり、結果としてダイエットにつながるわけですね。



つまり、お風呂に入ることで直接脂肪が燃えるということはほとんどないものの、長い目で見れば脂肪を燃やしやすい身体にしてくれる効果があるということになります。



また、1日1回、ゆっくりリラックスできる時間があるということは、イライラがたまりやすいダイエットにはとても大切なことですよね。



入浴剤や音楽、好きな本などで、自分だけのリラックスタイムを作るようにするといいでしょう。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




女子ならでは!「男子に貸すと一気に距離が縮まるアイテム」・4選


ダイエットdvdでおすすめがあれば 教えてください。 ちなみにコアリズムは持っ...

シャープの1bitセットコンポのスピーカーを替えてグレードアップしたい


【薄着の夏がすぐそこに!!】痩せるなら今でしょ!!ダイエットDVD・お ...


posted by 脂肪君 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

歩き方に注意しよう

あなたは普段外を歩く時、どんな歩き方をしていますか?



歩き方一つとっても太りやすい歩き方というものもあるのですよ。



肥満の人は、自分でも気付かないうちに歩き方が崩れている事もよくあります。



内股・外股・左右への傾き、など、直接足に影響が出ている場合もあります。



他にも、身体自体が前のめりになっていたり逆に反り腰だったりと、見た目にも悪く足にも負担を掛けてしまっている場合もあります。



実は女性は、外反母趾やむくみ、巻き爪など、約九割が足に何らかのトラブルを抱えています。



これは、常に固いコンクリートの上を歩く事や、ヒールなどによる足への負担が、毎日蓄積されるからです。



その結果、むくみが慢性化したり、脚の筋肉が硬化したりするのです。



その解消のためにも、正しい歩き方が必要だと言えます。



太りやすい歩き方とは、どんな歩き方なのでしょうか。



簡単にいうと、次の2点がポイントになってきます



「一直線上を歩けない」

「歩幅が狭い」



一直線上を、ある程度の歩幅で歩くためには、股関節をやわらかく使って腰をしなやかにひねる必要がありますね。



太っている人は、股関節が硬い傾向があり、腰を上手にひねることができず、自然とこういう歩き方になってしまうものです。



腰を上手にひねって歩けば、わき腹や腰の筋肉を使うことになりますからウエストが引き締まりやすくなりますよね。



でも腰をあまりひねらずに狭い歩幅で横に広がって歩いていると、これらの筋肉が使われないので、せっかく歩いても筋肉があまり使われなかったり、脂肪が燃えてくれなかったり痩せることには程遠い効果があるのです。



そうならないためには、少し早足で大股で歩くと同時に、一直線上を歩くイメージで腰をひねりながら歩くと、筋肉を鍛えたり脂肪を燃やしたりするのに効果があります。



例えば家から駅まで。スーパーから家まで。



普段なにげなく歩いている時に、少しこの歩き方を意識すると、やせやすい身体を作ることができます。



自分がどんな歩き方をしているか確認してみてみましょう。



もし太りやすい歩き方をしているならせっかくの歩きがもったいないので、意識して修正してみてください。



こういうちょっとしたことでも毎日積み重ねることでダイエット効果が生まれるのです。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




マクロビオティックと伊達 友美さんの食べ合わせダイエットのギャップでとまどって...


伊達式食べ合わせダイエット方法 | きれいに痩せてリバウンドしない ...


posted by 脂肪君 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

歯磨きと一緒に舌も磨こう

舌の表面に付いている白いもの。



あれは舌の汚れそのものです。



もちろんうっすらと付いている

程度であればまったく問題ありませんが、



しっかり、濃く付いている人は、

注意が必要です。



実は舌を見れば、その人の健康状態が

わかるといわれています。



舌を清潔に保つことはダイエットに

だって



とってもいいことなのです。





舌に白い汚れがたまる原因は

いろいろあります。



食品に含まれている添加物や、

タバコのヤニ。



新陳代謝が悪かったり、唾液が少なかったり

すると汚れもたまりやすいのです。



舌に汚れがたまっていくと、

味を感じる機能、つまり味覚がうまく

働かなくなり鈍くなってしまいます。



味覚が鈍くなるということは

薄味の食品では満足できず、

自然と味付けの濃いものを好むように

なるということですよね。



味付けの濃いもの塩分が多くむくみの原因

になります。



また、糖分も多く含まれていることが多いので、

その分カロリーも高くなりがちです。



味付けの濃い食品を想像してみてください。



高カロリーな食品が多くありませんか?



逆に、薄味の食品には、

低カロリーなものが多いです。



ダイエット中、ヘルシーな食事で満足するには、

味覚を正常に保つことが大事になってくるわけですね。



舌の状態を正常に保つためには、

歯磨きの時に、いっしょに舌も磨いてあげると

いいです。



舌磨き専用のブラシもあるようですが、

歯ブラシで充分。



舌の表側と裏側を、奥から先に向かって

歯ブラシでなでてあげます。



これを数回繰り返すだけでも、

舌の状態はだいぶ違ってくるのですよ。



白い汚れを全部きれいに落とすのはムリだし



そこまで神経質になる必要はありませんが、

舌磨きは口臭予防にもなるので、ぜひ試してみてくださいね。



口の中を清潔に保って、薄味で低カロリーの食事でも満足できるようになれれば、ダイエットにも必ずいい効果が生まれるはずですよ。



また歯磨きは、毎食食後にはきちんとするように心がけたいですね。



食事を良く噛んで食べれば、それだけで満腹になりやすかったり、ほんの少しの意識で食生活やダイエットって頑張れるものですよね。



>> 1日5分のダイエット





関連記事




ワコールから歩いて脂肪を燃焼させるガードルがあると聞いたのですが..金額が4000...

log|e^(iθ)-a|の積分について


ワコール通販 エクサウォーカー - くらしの情報ミテミル


posted by 脂肪君 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ