村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年02月12日

和食中心

ダイエットをしたいという人は食生活を見直すことが必要になってきます。



今では、コンビニに行ってもレストランに行ってもカロリーやら塩分やら、いろいろな情報が掲載されています。



詳しいことはありがたいのですが、「これじゃ情報が多すぎて、どれを食べていいかわからないよ」と思ってしまうものです。



ここで単純なアドバイスを。



和食中心の食事を作ってみましょう。



和食を中心にしただけでも、洋食を食べるのと比べると、かなりカロリーは低くなるのですよ。



和食の特徴として、脂肪分が高い食事というのがあまりない点があります。



また酢の物や煮物といったものに代表されるように、あまり和食では油をつくことがありません。



洋食だとやれ揚げるだ、やれ焼くだといったときにたっぷりの油を使うことも珍しいことではありません。



和食の場合を思い出してみましょう。



焼き魚など、焼き料理も確かにあることはありますが、通常は魚の持っている油を使う程度です。



このように和食料理というのは、低カロリーであるだけでなく低脂肪料理になりがちだという特徴があるわけです。



また和食料理にはもう一つのメリットが。



それは野菜や海藻といったものをふんだんに使う料理が多いという点です。



野菜や海藻といった食材には、食物繊維が多く含まれています。



食物繊維は、胃腸を掃除する働きがあります。

すなわち便通を良くしてくれる働きがあるわけです。



女性の間で深刻な悩みとなりが体なのが、便秘でしょう。



便秘になると、どうしても下っ腹のところがぽこっと出っ張ってきます。



このぽっこりおなかもダイエットを妨げる要因になりかねません。



どうです?



和食にはダイエットに効果的な特徴がいくつもあります。

特に和食を食べる場合には、夕食がおススメです。



夕食を食べた後、たいていの人はあとはゆっくりとして、寝るだけというサイクルになりがちです。



ですから夕食は別にカロリーの高い食事を必要とはしないんです。



低カロリーで低脂肪な和食が最も適しているとは思いませんか?

>> 1日5分のダイエット





関連記事




手軽な「小顔ダイエット」で、部分痩せして小顔になろう


お腹に脂肪が詰まって固くなったらまず柔らかくして走ったりすればいいんですか?

複素積分∫[c]{cos(z)/z^4}dz C:|z|=1 ついて


脂肪燃焼のための筋力強化体操 - おうばく通信 - 宇治おうばく病院


ラベル:和食中心
posted by 脂肪君 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。