村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年02月01日

食事を減らす?

ダイエットの基本中の基本として、食べる食事の量を減らすということがあります。



これって、もはや常識ですね?



食事量を減らすためには、ひとつの鍵となるポイントがあります。



それは満腹中枢です。



満腹中枢というのは、食事をし始めてから一定の時間がやってくると、「おなかいっぱい」というサインを出します。



満腹中枢への刺激によって、食事を終了するのです。



ですから、満腹中枢を刺激するまでの時間、いかに食事の量を少なくするかということがポイントになってきます。



そうすれば、少ない食事量でも満腹を得ることができます。



少ない食事量でも満腹中枢を刺激するコツをいくつか紹介しますね。



まずはゆっくりとかむように心がけることです。



一回食べ物を口に運んだ場合、最低30回はかみ続けると十分な時間をつぶすことができます。



また野菜を積極的に摂取するようにしましょう。



サラダなどは結構な量があるように一見すると見えます。



ところがカロリー的に見ていくと、そんなにカロリーは高くないのです。



ですから、食事の中に野菜料理を一品以上入れるように心がけましょう。



また食事前でも一工夫が必要です。

食事をする直前にお水を飲みましょう。



お水を飲むことによって、胃への刺激になります。



また、胃のスペースも水によって多少は少なくなりますから、入れることができる食べ物の量を減らすこともできます。



食事直前の飲むべき水の量は大量でなくてもOKです。



大体コップ一杯程度のお水を飲んでおけば、十分な効果を発揮するでしょう。



食事を通じて心がけることは、ゆっくりと食べるということです。



もし家族と同居している場合には、一緒に食べるように習慣づけるといいでしょう。



家族と一緒に食事をすれば、何らかの会話をする必要があります。



しゃべりながらですから、食事のペースも自然と落とすことができます。



ということは、満腹中枢が刺激を受けるまでの食事の量も自然と減ってきますから、ダイエット効果を得ることができるわけです。



今回、食事量を減らすと言いましたが結果的には適正な食事の量にもっていくことが肝心なのです。



実は、あなたは食べ過ぎているのかも知れません。

いちど、今回お伝えした事を実践してみると良いです。



それでも、駄目な場合は

>> 1日5分のダイエット





関連記事




水泳の脂肪燃焼効果について伺いたいのですが、同じ距離を泳いだとして、最も脂肪...

DZ-MV100 って??・


ダイエットにも嬉しい!?スピードアップや脂肪燃焼に役立つ水泳用 ...


posted by 脂肪君 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ