村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年02月07日

筋肉ムキムキ

ダイエットを目指す人の中には「全体的には痩せなくてもいいけれど、○○だけを集中して痩せたい」という方がいるようです。



いわゆる「部分やせ」というやつです。



部分やせをする時に有効なのはエクササイズです。



やはり食生活の見直しによって、二の腕を引き締めたいとかヒップアップをしたいといったことは実現できませんから。



ところで、エクササイズをやるというと不安に感じる方もおられるようです。



痩せることは痩せたい、でも筋肉ムキムキになるのは嫌という人です。



しかしご心配なく。



筋肉がムキムキになるためには、想像を絶するようなトレーニングを積まなければなりません。



例えば重たいバーベルを毎日持ち上げるといったことでもしない限り、ボディービルダーのような体にはなりません。



例えば、腹筋運動やスクワットといった自分の体重を負荷としてトレーニングする場合にはそれほどの筋肉がつくことはありません。



筋肉をつけないと、引き締まった体を手に入れることはできませんよ。



より効率的に部分やせをしたいという人にここでアドバイスを。



それは、まず最初に有酸素運動と呼ばれる運動をしてから、部分やせのためのエクササイズを行ってみましょう。



有酸素運動というのは、一瞬一瞬は負荷の軽い運動ですから長時間継続して続けることができます。



ウォーキングとかジョギングがその代表格です。



長時間運動を続けることによって、脂肪を燃焼する効果を生み出すことができます。



有酸素運動で脂肪が燃えて消費されている状態で、部分やせのエクササイズをします。



すると、脂肪がなくなり、筋肉を鍛えて引き締めることもできます。



まさに二重の効果を手に入れることができるわけです。



もし複数の箇所を引き締めたいという場合には、太ももとか背中とかといった個所から攻めていきましょう。



上にあげた部位というのは、筋肉が大きいという特徴があります。



大きい筋肉から鍛えることによって、より引き締め効果を実感することができます。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




コショウも意外と合う!?「ロイヤルミルクティー」アレンジ3つ


■痩せるお茶 ダイエット茶ランキング おすすめダイエットティー効果ランキングを...

いつもこんなメールが来ますが、これは何ですか。


2週間で内臓脂肪26%減!?えのき茶の驚くべきダイエット効果


posted by 脂肪君 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

ラン&ウォーク

現在、ダイエット対策として、ジョギングがはやっているといいます。



確かにジョギングは、自分の身体ひとつあればすぐにでもできます。



初期投資もほとんど必要ありませんからね。



都心にいくとジョギング専用のショップまで出ているといいます。



ジョギング用の服に着替えるスペースが設けられ、シャワーまで完備してあるということです。



仕事帰りにちょっとひとっ走り、ということができるようになっているわけです。



このように気軽にはじめることができるジョギングですが、普段からあまり運動をしないという人にはちょっと敷居が高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね?



しかしそれほど深刻に考えることはありません。



「ラン&ウォーク」という言葉があるのをご存知ですか?



走ったりと歩いたりを繰り返す運動のことを言います。



ジョギングと聞くと、ずーっと走っていないと効果が半減するというイメージをもたれる方がいるようです。



しかし無理する必要はないんです。



きつければ歩いてもかまいません。



それでも立派なラン&ウォークのエクササイズになるわけです。



「走ること」とお言うよりも「動くこと」を続けることがダイエットには効果があります。



ですから、別に途中で歩いてもかまいません。



これで少しは気持ちが楽になりましたか?



しかしウォーキングとジョギング、同じ時間やると考えると、消費するカロリーの量はジョギングのほうが大きくなります。



ですからジョギングを長めにやったほうがいいでしょう。



ここでジョギングを長く続けられるコツとをひとつ。



それは一歩一歩をすり足で走るということです。



走るときに、ジャンプをするような形で足を運ぶ人って結構いるようです。



すると、足が地面に着地をするときにひざなどへの負担が大きくなります。



ジャンプして走るというのは短距離走では理想的なフォームです。



しかし長距離向きではないんです。



ですから靴の裏の部分が地面とこすれてもいいくらいのイメージで走ってみましょう。



今までよりも距離を伸ばして走ってもきつくなくなるかもしれませんよ。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




エクササイズも不要!「彼とのデート当日に−5キロ痩せる」方法


太もも、ふくらはぎダイエットについてです。 私は足が太くて、いつも家族に太いな...


ふくらはぎ痩せ方法6選 - こいぴた


posted by 脂肪君 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

空腹との戦い

ダイエットというと、最もつらいのが空腹との戦いです。



自分が今まで余分に蓄えてきた脂肪分をエネルギーに変えていかないとやせることはできません。



ところが、今までと同じように空腹というのは変わらず襲ってくるもの。



ですから空腹感を紛らわせるような一工夫が必要になってきます。



そこでお勧めなのがお水です。



水というのは、何もカロリーがありません。



もちろん、炭水化物や脂肪といったダイエットの大敵になるような成分も含まれていません。



それでいて、お水をコップ一杯でも飲んでおくと、かなり小腹のすいた感じを抑えることができます。



ですから、ダイエット中には水はいろいろな場面で活躍をします。



例えば、食事をする前にお水を一杯。



これだけでも、食事の量を抑えることができます。



お手軽ダイエットといえますね。



またお水を飲む機会が増えてくると、トイレの回数も多くなります。



実はここにも隠れたポイントがあるのです。



小便によって排出されるのは、余分な水分以外にも老廃物なども含まれています。



老廃物というと、うまく排出されずにたまってしまうとむくみの原因となることもあります。



また老廃物が体内にたまってくると、代謝の力を落とすことも分かっています。



つまり痩せにくく太りやすい体質になってしまうこととなります。



このような体質になってしまえば、ダイエットがさらに難しくなりますから、何としても避けたいところですよね?



水分をこまめに摂取することによって、ダイエットの効果を高めてくれることが期待できるわけです。



むくみなども解消してくれますから、美容の面でも効果が抜群ということになります。



ただし勘違いをしてもらいたくないことが。



あくまでも水を飲むということは、いかに空腹感を紛らわせるかということです。



ですから水を大量に飲んだところで、直接的なダイエットの効果があるわけではありません。



太ることを予防するための方法ですから、この辺のところはお間違えのないように。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




食べ過ぎたときのリセット方法 カリウムを摂る、青魚を食べる


プロテイン意外で運動後に脂肪燃焼に良いおすすめの飲み物や食べ物はありますか?...


内臓脂肪を減らす食べ物 3つのカテゴリー | BUI.JP


posted by 脂肪君 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ