村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年02月23日

ウーロン茶

社会人になってくると「夜のお付き合い」が欠かすことができなくなりますね?



居酒屋などに行くと、どうしても高いカロリーの食事が多くなりがちです。



特に仲間たちと居酒屋に行くと、自分だけ食べないようにするといったことがなかなかできませんね。



仲間と飲んでいる雰囲気に水を差すことになるかもしれませんし。



「ノリの悪いヤツ」とも思われてしまいかねません。



ですから、ダイエット中に居酒屋に行く時にはいくつかのポイントに注意を払ってみましょう。



まずは食事についてです。



いかに努力をしたところで、居酒屋のメニューは高カロリーのものが多いです。



ですから居酒屋でどうにかするということはある程度あきらめましょう。



その代わりに直近の食事をどうにかすればいいのです。



例えば、飲み会があることが分かれば、その日の昼食や朝食は少なめにする、もし急に決まった場合、前の食事調整がつかなかった場合には翌日の食事を控えめにするといった方法です。



そうすれば、たとえ居酒屋でカロリーオーバーになったとしてもプラスマイナスゼロにすることができます。



また、ソフトドリンクを効率的に取り込むようにしましょう。



べつにずーっとソフトドリンクを飲み続けている必要はありません。



変に周りに気を使わせてしまいますし。

何よりあなたがお酒好きかもしれませんしね。



ですから、合間合間にウーロン茶などをはしやすめみたいな格好で入れてみましょう。



お酒というのはそれだけでもかなりのカロリーがあります。



多少の違いがありますが、お酒はコップ一杯で150キロカロリー程度のカロリーがあります。



ご飯で換算すると、ご飯を軽く一杯といったところでしょうか?



ですから、何杯もお酒を飲めば、かなりのカロリーになってしまうのです。



そこで、ウーロン茶を要所要所で飲みましょう。



ウーロン茶はノンカロリーです。



またウーロン茶などの水分を摂取することで、飲んだお酒の代謝を高めることができます。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




筋肉になるは嘘? ダイエットによる「脂肪燃焼」のメカニズム


脂肪燃焼について 脂肪燃焼について質問があります。 最近、ランニングと食事制限...

[問]∫_C exp(-2πz)dzの値を求めよ


【メタボ改善】ランニング前の食事に魚と野菜が 脂肪燃焼効果で ...


タグ:ウーロン茶
posted by 脂肪君 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

ダイエットには運動が効果的

「ダイエットには運動が効果的」

このような話は耳にたこができるくらいに聞いたことがあるという人も少なくないかもしれませんね?



ところでダイエットに効果的な運動には、どういったものがあるでしょう?



この質問にも、けっこう即答できる人がいらっしゃるかもしれませんね?



ご存知の方にはいうまでもないことでしょうが「有酸素運動」です。



有酸素運動というのは、ウォーキングやジョギングなどが代表的です。



ゆっくりと長い時間続けて運動できるものが含まれます。



しかし中には、「ウォーキングを一生懸命やったのに、なかなかやせなかった」という方もおられるのでは?



有酸素運動を続けることは、普段運動をしていない人にとっては、きついことです。



きついことをやって結果が出なければ、馬鹿らしくなるという気持ちもわかります。



ところが目に見えないかもしれませんが、実際には効果が出ていたはずですよ。



もし効果が出ていなかったとしたら、ちょっと食事制限が甘かったのかもしれません。



有酸素運動をやっても、なかなか効果が出なかった人は、もとからの筋肉の量が少なかったことに原因があるかもしれません。



筋肉というのは、一番我々の身体の中でもエネルギーを使うところです。



ですから、食事制限をするダイエットを行った場合、真っ先に削り落していくのが筋肉なんです。



よく食べるのを制限するだけのダイエットだと、すぐにリバウンドして、次のダイエットでさらにつらくなる、といいますね?



理由は、エネルギーを大きく使う筋肉がすり減ってしまうから、カロリー消費の効率が悪くなってしまうあらなんです。



ですから、有酸素運動もいいですが、筋肉をつけるトレーニングも同時並行的に行うと効果がもっと目に見える形で表れてきます。



例えば、腹筋運動や背筋運動などを取り入れてみましょう。



別に筋肉痛になるくらいまで激しく行う必要はありません。



むしろ習慣づけることの方が重要です。



筋肉をつけることによって、カロリー消費の効率が上がります。



すると、同じ有酸素運動をやっても消費されるカロリーが増えてくるのです。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




朝起きてから家を出るまででできる簡単痩せ行動5つ


簡単ダイエットレシピ 子供簡単ダイエット 簡単ダイエット ウエスト 簡単ダイエッ...

西ヨーロッパ言語の特殊文字/応急表記法


ライザップ不要!-7.4kg成功の簡単ダイエット方法!健康で効果 ...


posted by 脂肪君 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

ダイエットはファッション?

ダイエットをしたいと漠然と思っている方もいらっしゃるかもしれません。



しかし漠然と思っているだけでは、いくらはやりのダイエット法にチャレンジをしてみたところで成功する可能性は少なくなってしまいます。



きちんとダイエットについての計画を立てていくことが先決です。



まず自分の日々の生活について反省をする必要があります。



「ダイエットしなきゃ」と思う体型になったということの裏には、何か反省すべきことがあるはずです。



自分のどういったところに問題があったのかについて、きちんと反省をする必要があります。



まずは日々の食事について思い返してみましょう。



脂肪分の多い料理を好んで食べていませんか?

甘いお菓子をおやつ時に食べてはいませんか?



脂肪分の多い料理や糖質の多いスイーツを食べすぎてしまうと、脂肪は体内にたまりやすくなります。



次に日々の運動についてです。



身体を日々動かすことを習慣づけていますか?

自動車など、乗り物に同時頼りすぎていませんか?



消費されるカロリーが少なければ、どうしても脂肪分が消費されずに身体にたまりますから太るわけです。



このように、自分の日々の生活の何が問題であったかを考えてみましょう。



すると、いくつかも問題点を自覚することができるはずです。



もし問題点が見つかれば、その点を早急に解消していきましょう。



ピラティス、ヨガ、朝バナナダイエット…



メディアで話題となっているダイエット法はいろいろとあります。



メディアで特集されていることをやればダイエットできるとみて、すぐに飛びついてはいませんか?



確かにダイエットに一定の効果があるかもしれません。



しかし土台となっている生活習慣を一切改めなければ、その部分と話題のダイエットでプラスマイナスゼロになっているかもしれません。



たとえダイエットに成功したとしても、生活習慣が改善されていないければ、結果的にはまた太りだす

ということを繰り返すかもしれません。



ダイエットはファッションではありません。



まずは自分の足元を見つめなおすことから始めるようにしましょう。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




太らない人がやっている体型維持のルール5つ


脂肪燃焼スープ+普通の食事 では、痩せるのでしょうか? がっつりダイエットしたい...

DZ-MV100 って??・


【皮下脂肪燃焼】食事制限や運動をせずに痩せたい!


posted by 脂肪君 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ