村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年02月29日

炎天下の運動

皆さん、まだまだ残暑が厳しいですが、いかがお過ごしでしょうか



ダイエットをするためには、確かに適度な運動をすることが必要となってきます。



やはり、筋肉をつけることこそがエネルギーの消費サイクルを高めることになるのですから。



しかしあまり炎天下のときに運動をするのはキケンです。



気温の高いときには、熱中症などで病院に担ぎ込まれる人も少なくありません。



あまり気温の高い日に、かんかん照りで運動をするのは無謀ですから注意をしましょう。



「日陰で運動をすればいいのでは?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね?



しかし日本は一般的に、夏場は湿度が高いのが気候の特徴になっています。



確かに直射日光を浴びるのに比べれば多少は暑さをしのぐことはできるかもしれません。



しかし、あまり暑さの面では変化がないのではないでしょうか?



ですから、「猛暑日」などといわれるような、気温が35度を越える中で運動をするのはキケンきわまりありません。



猛暑日の運動を避けるようにしましょう。



もしどうしても運動をしたいという人は、日が落ちたあとの夜に運動をするといいでしょう。



太陽が沈むだけでも、かなり気温は下がります。



猛暑日を記録した日をイメージしてみてください。



いくら日中35度を越えても、夜になって最低気温は30度を超えるということはめったにないはずです。



いくら高くても27度くらいには落ち着いてきます。



その分、熱中症にかかるリスクも少なくなるということにつながります。



また早朝に運動をする習慣をつけるのもいいかもしれません。



一番気温が低くなるのは早朝とも言われているからです。



朝おきてから運動をすると、その日一日を爽快にすごすことができるかもしれません。



ただし猛暑日であろうと、気温の高めの日であろうと屋内で運動をする分には問題はありません。



屋内でヨガやピラティスをやるのもいいでしょう。



もしくはスポーツクラブに通うのもいいでしょう。



夏場は少し工夫をすることがダイエット成功のコツですよ。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




あのインリンが-10kg!?彼女が実践したその“ハード過ぎるダイエット”の秘密とは?


骨盤ダイエットって効きますか?


骨盤ダイエット|ダイエットセレクト


ラベル:炎天下の運動
posted by 脂肪君 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

コンビニや外食の時に

ダイエットをする場合には、コンビニやお弁当といった外食はNGだとよく言いますね?



確かにコンビニやお弁当というのは、どうしても濃い味が多いからという事情があります。



また外食はどうしても揚げ物が多くなりがちです。



ですから、脂質も知らず知らずのうちに多めにとってしまう傾向があります。



しかし、なかなか仕事で忙しいという人には毎回毎回自炊をしろというのも酷な話。



外食に頼らざるを得ないという人も少なくないでしょう。



でもコンビニなどの外食にもメリットはあるのです。



最近の外食産業では、ダイエット志向をはじめとした健康対策として、いろいろなことを実践しています。



最も多いのが、カロリー表示についてです。



レストランへ行けば、メニューの近くに必ずカロリー表示がなされています。



コンビニの弁当も手に取っていただくとわかりますが、値段表示のところにカロリーが表示されているはずです。



お弁当屋についても同様のことが言えます。



メジャーなお弁当屋になってくると、ディスプレイのところにカロリーについての表示がされているはずです。



丁寧なところになってくると、塩分や脂肪分の表示もなされています。



中には炭水化物やら脂質やらたんぱく質やらと、細かく栄養分の配分が掲載されていることも。



ですから、外食でもカロリーコントロールすることができるわけです。



お弁当のウィークポイントとして、主菜の割合が非常に多いという点があります。



肉や魚に対する野菜の量がどうしても少なめになってしまいます。



もし栄養のバランスが気になるという人は、一品料理のサラダを積極的に購入してみましょう。



すると、利用のバランスはたいぶよくなってきます。



あと外食のネックとなってくるのは、お金でしょうか?



やっぱり自炊をした方が原材料費を安く浮かすことができ、お金の節約になります。



ですから、外食はどうしても時間が取れなくなった時。



主は、自炊という風に方向を変えてみた方がダイエットと生活にやさしいといえるかもしれませんね。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




脂肪燃焼系ダイエット成分「L-カルニチン」のチカラ


Dファット脂肪燃焼サプリ使ってる人に質問ですm(__)m 服用はじめてから順調にダイ...


エゴマ燃焼美人 - 皮下脂肪徹底燃焼


posted by 脂肪君 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

ジョギングやウォーキングの工夫

ダイエットをする時に、ウォーキングやジョギングというのは有効な方法といえます。



しかし日中仕事を持っている人は、なかなか昼間に時間をとることができないかもしれません。



夜の道をジョギングやウォーキングをするのはちょっと危険といえますね?



夜になると、今は照明が充実しているとはいえ暗くなりますから、どうしても視界が遮られます。



ですから、どこか道の凹凸に躓いて転んでしまう可能性もあります。



また女性の場合は夜道を一人で出かけるのは危険になってきています。



日本も治安という面では、絶対的な安心感を植え付けることが難しくなってくるかもしれません。



もし夜しかジョギングやウォーキングの時間をとることができないという人は、スポーツクラブのランニングマシーンを使った方がいいかもしれません。



しかしランニングマシーンは、なかなか長時間続けてランニングし続けるのは難しいと思われます。



普通に道を走っているときには、風景が移り変わっていきます。



ですから、街ゆく風景を見ながらジョギングをしていると結構距離や時間を忘れさせてくれます。



ところがランニングマシーンの場合には、風景が単調となります。



ですからどうしても走ることに飽きてしまうわけです。



同じ人がランニングマシーンを使うのと、普通の道を走るのとでは後者の方が長時間走ることができます。



道を走っていると、30分程度はあっという間に過ぎてしまうかもしれません。



ところがランニングマシーンだと10分も連続して走っているとちょっとした疲労感を感じ始めるような気がします。



ですから、ランニングマシーンを利用するときには、いかに走りに抑揚をつけるかということが重要なポイントとなってきます。



例えば、音楽を聴きながら走ってもいいかもしれません。



また走るスピードにも注意が必要です。



ランニングマシーンはずーっと同じペースで回転し続けます。



ところが疲れてくればペースはどうしても落ちてしまいます。

ですから、多少走りに余裕のあるペースで調節をした方がいいでしょう。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




新しい趣味探しで、あなたの日常に変化を。お勧めの趣味5選


ヨガでダイエット ヨガでダイエット 1ヶ月前から週に1回ヨガ教室に通い始めました...


食欲と気持ちの関係。 | メンテナンス&ダイエットクラス | 薬膳ヨガ ...


posted by 脂肪君 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。