村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年01月22日

できることから

ダイエットをしたい人は、やはり運動を定期的に行う努力をしたほうがいいかも

しれませんね?



しかし、もしかしたらこう反論する人もいるかもしれません。

「忙しくて、運動をする時間を取ることができない」とか

「運動音痴だから、うまく運動することができない」

「運動したことがないから、何から手をつけていいかわからない」

といった意見です。



しかし別にスポーツジムへいってトレーニングしたりする必要はないのです。

普段からできることをやっているだけでも、十分に運動の効果があるのです。

激しい運動を時々しかしないのと比べると、

比較的楽な運動を短時間、長期間継続して行うエクササイズのほうが圧倒的にダ

イエット効果を期待することができます。



たとえば、姿勢を矯正するだけでも結構筋肉を使ったりするのですよ。

歩いているときや座っているとき、どうしても猫背になってしまうことはありま

せんか?



猫背というのは見た目の印象も決してよくありませんし、筋肉の使い方から見て

も決して効率的な姿勢とはいえません。

そこで、ちょっと背筋を伸ばしてみる努力をして見ましょう。



すると腹筋や背筋を効率的に使うことができるようになります。

筋肉を刺激することによって、カロリー消費を促すことができます。

すると結果的にはダイエット効果を期待することにもつながっていくわけです。



姿勢を正すということは決して難しい問題ではありません。

どんなに運動音痴の人でも日々気にすることで効果を得ることができます。



さらに忙しい人でも歩いたり座ったりする時間がないといういいわけをすることはできませんね?

このように、どのようなシチュエーションであってもできるような運動から始めたほうがいいでしょう。



身体を動かす習慣をつけると、ダイエット効果を期待することができます。

身体が軽くなることを実感できると、さらにほかの運動を、という風に思ったりします。



すると、ほかのエクササイズにチャレンジをしてみる余裕ができてきます。

このように徐々に運動の強度を上げていくのが理想です。

いきなり難しい運動にチャレンジをする必要はありません。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




元祖怪物ロナウドは絶対参加!? イングランドで肥満体型者による“ファットボール”リーグ始まる


中学生女子です。 朝ごはんに最適な、中学生にも作れるダイエットに良い料理って、...

いつもこんなメールが来ますが、これは何ですか。


ダシで美味しい,ダイエット料理,作り方,レシピ|鰹節 伏高


posted by 脂肪君 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

お相撲さんは一日2食

ダイエットをするためには、きちんとした食事をとることが重要になってきます。



しかし現代人は時間に追われがち。

「きちんと3食とりたいけれど、なかなか時間が取れない」という方もいらっしゃるかもしれませんね?



そこでまず3食食べる時間については最初に決めてしまいましょう。

そしてその3食はできる限り動かさないようにするわけです。



もし時間が…という人は、スケジュールをやりくりしてみましょう。

例えば、平日は時間が忙しくて取れない場合には、休日を活用します。

どんなに忙しい人でも休日はあるはずですよね?



そこで休日を活用して食事を作り置きしてしまうのです。

こうしておけば平日忙しい人でもすぐにレンジでチンしてしまえば、食事が出来上がるはずです。

数日に一度の割合で作り置きの時間が作れる人は、時期によってはすぐに食べることができるかもしれませんし。



このようにして3食食べる時間を確保して、3食食べる習慣をつけてしましましょう。

よく2食だったり1食しかとらなかったりする人がいますが、これは太る環境を自らつくっていることにつながります。



食べない時間が増えれば増えるほど、我々は飢餓状態という風に認識をします。

そこで食事が入ってくると「次いつ食べ物が来るかわからないから、できるだけ効率よく摂取してやろう」という形で余分に栄養分を吸収してしまいます。

ですから同じ量食べたとしても、食事の回数が少ない人の方がより太る傾向にあるわけです。



お相撲さんは一日2食しか食べないといいます。

朝稽古をして昼にちゃんこ、そして夕食を食べるという生活が一般的だそうです。



こうすることによって、身体に飢餓状態であるという意識を植え付けるわけです。

そして食べ物が入ってきたら、できるだけ多く吸収させるようにします。



ですからお相撲さんは、あれだけのウェイトをキープすることができるのです。

別に我々の数十倍の食事の量を摂取しているわけではありません。

ですから一日2食のあなた、太るための土壌をつくっているのですよ。



>> 1日5分のダイエット





関連記事




胸を小さくしたいです。 胸を小さくするにはどうすればいいですか? 決して自慢で...

z,wを複素数とします.このとき,微分方程式dy/dz=yを用いて,指


見直される「ラジオ体操」 肩こり・腰痛、脂肪燃焼も | [埼玉.所沢 ...


posted by 脂肪君 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

ストレスを解消

あなたはストレスをため込みやすい性格ですか?

一見、ダイエットとは全く関係ないような質問に聞こえますね。

ところが、ダイエットとストレスには大きな関係があることが分かっています。



もしあなたの脳がストレスを感じたとします。

すると、いくつかストレスの解消法はありますが、その中でも食べることによってこのストレスを解消してやろうという風に脳が判断をすることがあるそうです。



よく「やけ食い」などという言葉を使うことがあります。

何か心にもやもやしたものがあると、意外な量を食べてしまうことはありませんか?

また知らず知らずのうちに食べ物を口に運んだことはありませんか?



このような食への行動というのは、実は裏にストレスが隠されている可能性があります。

ということは、まずストレスを解消することこそがダイエットへの前提条件となってきます。



ストレスを解消する方法は何でもいいんです。

食べること以外なら。



自分の好きなジャンルの音楽を聴いてストレス解消する人もいるでしょう。

お風呂に長時間つかることでストレスを解消する人もいるかもしれません。

また単純明快にお笑い番組を見て笑うでもOKです。



しかし中には、なかなか趣味を見つけることができないという人も。

その上ストレスをため込みやすい性格の人は、何か手を打つ必要があります。



実際に使えるかどうかわかりませんが、一つストレス解消のご紹介。

それは「歩く」ことです。



人は身体を動かすことによって、精神的にリラックスした状態になります。

イライラしていても、身体を動かすことによって、少し気分が落ち着いてくるという経験をしたことはありませんか?



運動不足気味とか、運動音痴という人でも歩くことぐらいは誰にでもできるはずです。

しかも運動ですから、ストレス解消とともにダイエット自体の効果も期待することができます。



運動をする時のポイントですが「義務」という風に感じないことです。

「気晴らし」という感じで最初は取りかかってみましょう。

運動自体がストレスになってしまっては本末転倒ですから。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




頑固な下半身太りにお別れしよう!洋梨体型から卒業する方法


脂肪の燃焼効率が良い有酸素運動ってなんですか?


【ダイエット】ランニングの途中に止まると痩せる?超回復で体 ...


posted by 脂肪君 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ