村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年01月25日

買い物の買い方

今日、食料品が少なくなってきたので、買い物へ行くことにしました。

ところであなたはどのような買い物をしていますか?

実は買い物の買い方もダイエット成功のためのコツが隠されているような気がするのです。



あなたは、買い物をするときに「いちいち買い物に時間をとられるのはイヤ」といって、買いだめをしていませんか?

でも買いだめというのは、ダイエットにとっては決してほめられるやり方とはいません。



というのも、買いだめをするということは、食料品の量が多くなります。

すると、食事の量も増えてしまいがちです。

これは、ダイエット的には足を引っ張ってしまうことになりますね?



ですから、買い物をする回数を増やして、買う量を少なくしてみてはどうでしょうか?

すると、食事の量も食料品の絶対量が減りますから自然と少なくなりますね?



買い物をすると切って、スーパーの中をうろうろしませんか?

「あれを買ってなかった」とか「あれも買ったほうがいいのかしら?」などといって店内を行ったりきたりします。



これって、意外と運動になるんですよ。

ある意味立派なウォーキングといえます。



また買い物をするタイミングも重要です。

できることなら、食事をした後に行くといいでしょう。



食事をした後は、おなかがいっぱいです。

おなかがいっぱいの時にはなかなか食べ物を見たいとは思わないでしょう。



ですから必要最小限のものしか購入しなくなります。

特におやつみたいなものには興味がなくなってくるでしょう。



おやつは、どんなに「やせる」という意思があっても、目の前にあればどうしても手が行ってしまうものです。

ところがどんなに手を伸ばしてもなければ、あきらめもつきます。



ダイエットをするときには、やせようとする意思ももちろん必要です。

しかしそれ以前にやせざるを得ない環境を作り出すということが大切になってくるのです。



食べ物がなければ食べなくなります。

食べなければやせます。

このような単純明快なサイクルができるような環境作りをしてみましょう。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




今求められるているのは眞鍋かをり、熊田曜子のような「腹筋美」!


ウォーキングとランニング ウォーキングとランニングではどっちが脂肪燃焼という観...


ウォーキングとランニングの消費カロリーってどのくらいなの ...


posted by 脂肪君 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

食べない という意思

ダイエットをする時に感じる不安として「お腹がすいたときに食べ物をちゃんと我慢することができるだろうか?」というものがありませんか?



確かに、別に食べたら何らかの罰則があるというわけではありません。

ダイエット中に食べ物を食べて、他人から非難されることもありません。

だから、「食べない」という意思を持ち続けることに不安を感じるのです。



空腹というものにはダイエットをする時の最大の敵になるような感じがします。

しかし、空腹を過大評価するのはいかがなものかと思いますよ。



お腹がすいたときに、ちょうど何かの作業をしていて食べ物をとることができなかったという経験はありませんか?

そして作業もひと段落をして、少し何か食べようとした時にはあの空腹感が収まっている…

こんな経験をした人って、結構いると思われます。



空腹というのは、ほかに集中して行わなければならないことがあったりすると、忘れてしまうものなんです。

空腹感というのはそれを意識すればするほど、つらいものになりますが、ちょっと意識をずらすことによって、意外と簡単に克服できたりするものです。



空腹感を感じたら、何でもいいです、自分の興味のあることに集中してみましょう。

ネットゲームをやるのもより、メールをするのもよし、友達と話をするでもいいでしょう。



他のことに集中をしていると空腹感はどこかにすっ飛んで行くはずです。

出来ることなら、手を動かすことをしていると、お菓子の袋に手が伸びるということを避けられるからなおいいかもしれません。



しかもいったんなくなった空腹感はなかなか再登場はしてきません。

おそらく数時間は、空腹感を感じることはないのではないでしょうか?



空腹感を忘れるのに、それほど時間はかかりません。

せいぜい3分とか5分といったところではないでしょうか?

友達とケータイでしゃべっていたら、このくらいの時間はあっという間ではありませんか?



最大の敵とみられていた空腹感も、意外と簡単にやっつけてしまうことができるのです。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




私が試したアイテムをご紹介!赤ちゃんおいで!おすすめの妊活法5選


おすすめのダイエットサプリありますか? ダイエットサプリ わたしは、今ダイエッ...


ダイエットサプリ8ヶ月後… |山本未奈子 オフィシャルブログ ...


posted by 脂肪君 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

メタボリックシンドローム

現在「メタボリックシンドローム」という言葉をよく聞きますね?

メタボはいわゆる生活習慣病とリンクしている場合が多いようです。



日本でもメタボ検診がスタートしていますが、メタボの基準としてウェストの太

さが基準となっています。

男性だと85cm、女性は90cm以上ウェストがある人はメタボの疑いが強くなるとい

われています。

ですから、太っているということはスタイル的な問題もさることながら健康を損

なう可能性もあるわけです。



「メタボ」「肥満」「生活習慣」

以上の3つの言葉がつながりました。



ですからダイエットは、自分の生活習慣を見直すという意味合いがあるのです。

ダイエットに成功するためには、どのダイエット法を選ぶかももちろん重要です

が自分の生活習慣を反省することの方が重要だったりします。



自分の日々の生活の中に「これをやっていたら太るなあ」ということはありませ

んか?

おやつをはじめとして間食を取るのが癖になっていませんか?

お腹いっぱいでも余計に食べるということはありませんか?

いやなことがあると、やけ食いをしたりしていませんか?



このような自分の生活習慣を見直してみると改善ポイントは意外と出てくるもの

です。

逆にいうと、改善ポイントがあるからダイエットをしなければならない状況になったわけですが…



ダイエットというと、激しい運動とか、厳しい食事制限というイメージを持たれる方が多いようです。

でも上にあげたようなことについては、簡単に改善することができますよね?



「ダイエットをするにも、仕事が忙しい」と言っていいわけをする人もよく見かけます。

でもいくら仕事が忙しい人でも、自分の生活習慣を見直すことぐらいはできるはずです。



このように、ダイエットというのはまず自分の足元を見ることから始めるものです。



高いハードルを設定する必要は全くありません。

自分の足元を見ることによって、手をつけやすいところからダイエットを手掛けることができるようになるからです。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




ダイエットに食事制限は必須?食事制限なしでも痩せる方法


脂肪燃焼効果のある食べ物や飲み物ってありますか? また、ダイエットに効果的な料...


食べても太らない満足できちゃう食べ物【我慢しない ...


posted by 脂肪君 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ