村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2016年01月30日

いつ食事をしたか

ダイエットをするためには、やはり食生活を見直すということが優先順位の上位に来るようですね?



食べすぎが原因で、太ってしまう人って多いようですよ。



ダイエットの時に見直すべき食事ですが、食事の量ももちろんこれに当てはまります。



しかしもう一つ絶対に見落としてはならないポイントがあります。



それは「いつ食事をしたか」という点についてです。



同じの量の食事をしたとしても、食事をした時間帯などが違ってくると太り方も違うというのです。



私たちの身体って、非常にデリケートに作られているのですね?



特に寝る前には食べ物を口に運ぶことはやめた方がいいでしょう。



寝るだけですから、カロリーを消費するポイントがなくなってしまいますから、そのまま食べたものが使われずに残ってしまいます。



また就寝直前の食事っていうのは、脂肪になりやすいとも。



就寝直前に摂取した食べ物に対しては交感神経という神経系が対応するといわれています。



交感神経は、寝る直前に入ってきた食べ物を脂肪にかえて貯蔵しろという風に指示するそうなんです。



ですから、ダイエットにとっては逆効果につながりかねません。



もしどうしてもおなかがすいて眠れないという人は、飲み物で空腹感をごまかしてみましょう。



もしくは「飲む食事」的なダイエットドリンクなどを飲んでみるのもいいかもしれません。



ダイエットドリンクの場合、低カロリーですからそれほどダイエット生活を邪魔するような心配もありませんしね?



しかし一番の理想は寝る前には食べないこと、これが一番です。



目安としては、眠る2時間程度前からは食べ物を口にしないことです。



お腹がすいてしまうという人は、夜更かしをしているのかもしれませんね。



ダイエットするときにちょうどいいでしょう。

この際、生活習慣を見直してみるというのも。



ダイエットというのは、ただ痩せるという意味合いだけではなく、今までの日常生活を総合的に見直していかないと、なかなか目標に到達することができないのかもしれません。



>> 1日5分のダイエット





関連記事




魚の油には脂肪燃焼細胞を増やす効果…


脂肪燃焼のために効果的な運動を調べた結果、水泳のクロールが圧倒的に消費カロリ...

[問]∫_C exp(-2πz)dzの値を求めよ


チーズには脂肪燃焼効果があったと話題!ダイエットに効く ...


posted by 脂肪君 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

確実なダイエット

ダイエットをする時には、いきなり今までの食生活をがらりと変えることはやめた方がいいかもしれません。



このようなダイエットをした場合、確かに最初のうちはやる気がありますから何とか持ちこたえられるかもしれませんが、長期間続けることは難しいでしょう。



最初のうちは、比較的楽なダイエット法から試してみましょう。



例えば、食事の量自体は変えなくても結構です。

食事の「内容」を変えてみましょう。



具体的に見ていきます。

あなたは晩御飯にいつもはとんかつを食べていたとします。

このとんかつを生姜焼きに変えてみましょう。



生姜焼きにしても、確かにダイエットにとってはあまりお勧めはできませんが、揚げ物であるとんかつと比べれば、幾分脂分も控えめでしょうし、カロリーも少なめでしょう。



ですから、今までのカロリー摂取量と比べれば少なくなっていることは確かです。



でもおそらく食事のボリューム自体は、あまり変わらないのではないでしょうか?

おなかも満足しているはずです。



とんかつを生姜焼きにしたところで、あまりダイエットの効果は出ないかもしれません。



しかし徐々にではありますが、ダイエットに入るということを身体に教え込むことはできるはずです。



上にあげたように、少し料理を見直すことによって結構カロリーを減らすことはできるのです。



そしてダイエットをするということへの心構えを作っていきましょう。



最初はとんかつを生姜焼きかもしれません。



しかし慣れてくれば、豚肉をカロリーや脂肪分の少ない鶏肉に変えてみようという余裕を持つことができるかもしれません。



全般的に、魚の方がヘルシーといわれていますから魚料理を積極的に取り入れる気になってくるかもしれません。



このようにして徐々に食生活を変えていきましょう。



健康的にダイエットをする場合には、そんなにすぐに結果なんて出てくるものではありません。



ですから、いきなり過激なことをやるよりもできることから始めていって、確実な成果を出すことの方が

よほど重要になってくるのですよ。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




入浴だけでダイエット!減量効果を最大限にアップする入浴法


ダイエットをしようと思っています! そこで、いいダイエット方法はありませんか?...

Å,℃の英字での出し方


お茶と白湯どっちがいい?白湯ダイエットとダイエット茶の違い


posted by 脂肪君 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

ダイエットのペース

ダイエットしようと考える方は少ないようですね。

でもダイエットに挫折してしまう人は少なくないようです。



なぜダイエットしようという意思があっても、できないのにはもちろんわけがあります。



おそらく早く結果を出そうという意識が強すぎるのではないでしょうか?



ダイエットというのは、食事制限があったり、運動をしなければならないとか、結構つらいことが伴うものです。



できるだけ早めにダイエットは終了したいという意識が働くのでしょう。



すると、かなり過激なダイエットをしなくてはならなくなります。

極端に食事制限してしまうとか、過激な運動をするとかです。



かく言う私も一度、ダイエットで失敗してしまった経験があります。

私の場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。



たとえば、今まで結構な食事の量をとっていたにもかかわらず、かなり食べる量を減らしました。



またダイエットに運動だろうという安直な理由でジョギングをし始めました。



距離もいきなり10kmぐらいは走ったでしょうか?



普段からスポーツをやっている人ならそれほどきついダイエットメニューではないかもしれません。



ところが私は、今まで運動をほとんどやったことがない身。



体にかなりの負担をかけていたのでしょうね。



今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでした。



ところがちょっとしたことでフラッとくるようになってしまったのです。



ひどいときには、電車が自分の駅に来たときに、いすから立ち上がろうとしただけでクラッと来るわけです。



これでは日常生活に支障が出てくるかも知れません。



そこからダイエットのペースをゆっくりするようにしました。

そのときの私はちょっと無理をしていたようです。



私のケースだけかもわかりませんが、いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのはちょっと危険かもしれません。



あせらず、じっくりとダイエットはしたほうがいいとよくダイエットのマニュアルに書かれています。



経験上、このことは正しいと思います。

>> 1日5分のダイエット





関連記事




耳マッサージで体ぽかぽか!花粉症にも効くその効果


ダイエットで鍼灸院で耳つぼダイエットをしています。 週1-2回電気治療と揉みほぐ...


【食事の前の5分間!】耳つぼダイエットで健康に! | ANYLIFE


posted by 脂肪君 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。