村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ


2015年04月13日

夜のお付き合い

社会人になってくると、いわゆる「夜のお付き合い」が増えてきますよね?

お酒を飲んで嫌なことをパーっと忘れる、ストレス解消するためには、ある程度の気晴らしは必要です。

しかしダイエットにはいいのでしょうか?

お酒とダイエットの関係について書かれている記事をたくさん見かけます。

中にはこんな話が。

「日本酒やビールはNG、ダイエット中はウィスキーや焼酎を飲もう」
こんな話を聞いたことはありませんか?

理由はこうです。

日本酒やビールは糖質が高い、一方焼酎やウィスキーは糖質がないから太らないでも、これって本当なのでしょうか?

確かにある意味当てはまってはいます。

しかし、いずれのお酒も飲みすぎることによって中性脂肪を増やしてしまう、つまりダイエットにとっては逆効果になってしまいます。

もっと恐ろしいのは、アルコールを飲むことによって食欲を高めてしまうということです。

居酒屋に行くと、普段は食べきれない量を食べてしまった経験はありませんか?

から揚げに始まり、焼き鳥、ポテトフライ、ソーセージの盛り合わせ…

どれもこれもカロリーの高そうなものばかりです。

中には、飲んだ後の締めだとか言って、ラーメンや焼き肉を食べる人も。

これではダイエットにいいはずがありません。

お酒を飲むと、食欲が高まるのです。

しかも大脳の感覚がマヒする、いわゆる「酔っぱらった」状態になります。

すると、正常な判断をすることが難しくなってきます。

素面なら「ダイエット中だからだべちゃダメ!」と思っていても酔っぱらうと何かと理由をつけて誘惑に負け食べてしまうものです。

ひどい場合には、記憶が飛んでしまうこともあります。

こうなってしまっては、食べ物についてコントロールしろという方がむちゃな話です。

酔っぱらって正常な判断ができなくなることを予防するには、答えは簡単。

はなっからお酒を飲まなければ酔うこともなくなります。

ダイエット中はしばらくお酒が我慢、これが一番かもしれませんね。
>> 1日5分のダイエット


関連記事


縄跳びのように振動させる運動は脂肪より燃焼させるのですか?
腹筋、ウェストまわりを引き締めるための効率的なトレーニングは?

脂肪燃焼系ベルト:シェイプアップ・ダイエット情報 - シェイプアップ口コミ

posted by 脂肪君 at 20:34| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

この時間にこれをやらなければ

ダイエットをするぞ〜
運動もするぞ〜

このように気合を入れている方もこのサイトをお読みになっているかもしれませんね?

ところで運動をするタイミングですが、いつのタイミングで行ったほうがいいのでしょうか?

読み急いでいる方がいらっしゃるかもしれませんから、結論から言ってしまいましょう。

基本的には自分の好きなタイミングで運動をしても問題ありません。

寝る直前に軽い運動をしても問題ないでしょう。

仕事の合間を見つけて、軽くストレッチをして問題ないでしょう。

逆に「この時間にこれをやらなければ」と思ってしまうとこのことがかえってプレッシャーになってくることがあります。

ですから、時間が空いたときに軽く運動をしようという軽い気持ちでやってみましょう。

すると、長期間運動を続けて行うことにそれほど苦痛には感じないはずです。

ただし、あまりお勧めできない時間帯も。

まずは、食事前に運動をすることが極力避けるようにしましょう。

空腹時には、エネルギーそのものが余りありませんから、エネルギーを消費する運動は体にいいとは思えません。

また食事をした直後に運動をすることもよい方法とは思えません。

経験された方はお分かりいただけるでしょうが、直後に運動をすると、気持ち悪くなってしまいます。

また、おなかがけいれんを起こしたりしますとおなかが痛んでしまったりします。

ですからせっかくダイエットのために運動をしようという厚い心を持っていたとしても、なかなか長続きはしなくなってしまいます。

ダイエットのために運動を取り入れるための第一の目標は「運動を生活習慣の中に入れる」ということです。

運動をした時間とか、激しいかそうでないかということはあまり気にしないでください。

できるだけ毎日、しかも長期的に続けることを目標としましょう。

少しだけ運動するだけでいいのです。

習慣づけるということを目標にして、
じっくりと続けることを心がけることがダイエットの成功の秘訣です。
>> 1日5分のダイエット


関連記事


モデル級の美脚も夢じゃない? あなたの脚が痩せない理由をリセットしよう!

腹の脂肪を燃焼(無くす)方法を教えてください! 最近やっと知りました。 腹...
脂肪を効率よく燃焼させる方法あります?

皮下脂肪の落とし方は脂肪燃焼のメカニズムを理解しよう | ダイエットなら ...

posted by 脂肪君 at 17:43| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

エスカレーターを使うのと階段

ダイエットのマニュアル本などを見てみると、適度な運動をするということがほぼ確実に書かれていますね?

確かに運動をすることによって、カロリーを消費することができますから、ダイエットに効果があるはず。
でも中には「私は運動音痴だから」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません

運動音痴の人でもできる運動ってたくさんあります。
例えば「歩く」こと。
歩くことは普段からしていますし、運動のセンスも関係ありませんよね?
もし運動神経に自信のないあなた、歩くことを意識してみてはいかがでしょうか?

例えば、最寄り駅の一つ前で降りてみては?
特に都心だと、ちょっと歩くとすぐに次の駅に着いてしまうということがあります。
ですから、意外とできなくはないかもしれません。

地方でそんなに駅があちこちにあるわけはないよ〜とお考えのあなた、一駅歩かなくても、歩くチャンスは駅にも転がっていますよ。

駅のホームにたどり着くために階段を上り下りすることはありませんか?
今は便利な世の中ですから、たいていのところにはエスカレーターなりエレベーターなりが設置されています。
エスカレーターやエレベーターを利用すれば楽ちんですよね?

でもここでちょっと頑張ってみるのはどうでしょう。
ちょっと厳しいけど階段を使ってみましょう。
階段を使ったところで、1分ぐらいしかかからないのではありませんか?

この1分でもエスカレーターを使うのと階段を使うのとでは消費できたカロリーに差が出ます。
一回分を見れば大したことはないかもしれません。

しかし毎日続けていれば、1週間1カ月1年と続けていれば結構なカロリー消費をしていることになるのですよ。
歩くという行為はダイエットからしてみると、少ないかもしれませんが、確実にエネルギー消費の手助けをしているわけです。

歩く動作にも一工夫を。
例えば、歩く時には両腕を大きく振ってみましょう。
腕を同時に動かすことによって、腕を動かすためのカロリーも消費します。
二の腕たぷたぷでお悩みのあなた、引き締め効果を期待することができるかもしれませんよ。

>> 1日5分のダイエット


関連記事


老けない美肌の秘訣は、週2日のノーメイクデー

半身浴のダイエットは、 老けますか?
今ダイエットのために半身浴プラスパワーヨガプラス一日水をニリットル近く

半身浴で下っ腹はへっこむの?その効果とやり方とはA - Cuttry

posted by 脂肪君 at 19:40| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ